こんにちは。
保育・子育てアドバイザー上野里江です。

保育士さん就職応援セミナーにて
保育現場への不安や、今抱えている人間関係の悩みを
ご相談下さった皆さん…

お話しを聞いていると
皆さん愛情たっぷりで、子どもたちへの眼差しも優しくて

保育現場はこんな方々を待っている!と感じました。

 

でも、一歩踏み出すのに高いハードルとなっているのが
保育現場の人間関係。

以前の職場での苦しい経験や
ダメ出しされることで傷ついてしまった心が
前に進もうとするもう一人の自分にストップをかけている…

そんなふうにも感じました。

 

しかーし!

安心してください。
人間関係は、相手を変えようとしなくても
自分を変えなくても

そこにあるコミュニケーションを
工夫したり変えたりすることで上手くいくのです!

 

色々な人が集まる保育現場

特に女性が多いので感情労働が重労働になりがち

そこで押さえておきたいのが

「事実」と「感情」を分けて考えるってこと

先輩にダメ出しをされて…
「私はもうダメだぁ、続けられない。先輩に嫌われてるかも」

と、自分を責めてしまうとド~ンと落ち込みますよね。

まぁ、自分にダメ出ししている自分はとても傷ついているので
「そんな気落ちになることもあるよね」と受け止めつつ

でも

「どこがいけなかったんだろう?やり方かな?言い方かな?」
「今度はこうやってみようかな?」

と、起きた事柄に対してダメ出しされていると思えば
やり方を変えるとか、言い方を変えることで

一歩前に進めるような気がしませんか?

自分を変えようと頑張るのではなく
物事のやり方や自分の言い方を変えていく

 

確かに…
厳しいなと感じる人もいるかもしれないけど

「そういう人なんだ」という事実は受け止めて

「私ダメだなぁ」と思う気持ちも受け止めて

そこから、どのようにしていこうか?と、
前に向かっていかれるといいですね。

大丈夫。

あなたはあなたのままで
そこにあるコミュニケーションを変えていきましょう。

そんなお手伝いが出来たら嬉しいです!