保育・子育てアドバイザー上野里江です。

 

年度末。
新年度のことを進めながら
年度末のまとめをしたり片づけたり

来年度は誰と組むんだろう?
何歳児クラス担任だろう?

なんて、色々考えだすと不安になったり
心も体もど~っと疲れが出てしまったり

ふっと

また1年が始まるのかぁ…。

もう疲れたなぁ、辞めたいなぁ…。

なんて思ってしまうこともあるかも?

 

あっ、私は多々ありました。
もう嫌!辞めたい!って…

 

でも

ちょっと待って!

 

私も辞めたい!と思うことは多々あったので
その気持ちはよーく分かるんだけど

そう思う時って

何が一番嫌になってるのか?っていうと

保育という仕事が嫌になっているのではなく

そこにある人間関係に疲れてしまっている?

…私はそうでした。

 

ではでは

その人間関係をどのように捉えたらいいのか?

辞めたい!と言いながら
30年間保育士を続けてきた私が

現場で感じたことや
コーチングでコミュニケーションを学んで
さらに確信したことなどなど

これからの保育を担う皆さんへ
ヒントをお伝えしたいと思います!

 

コミュニケーションにはコツがあるんです。

保育士として今仕事をしているあなたは

子どもが好きってことだから

そんなあなたには
子どもと楽しい時間を過ごして欲しいから

保育士で良かった!と思える毎日を過ごして
欲しいから

あなたのコミュニケーションをサポートします!

 

今回は…

 

先輩からのダメ出しに心が折れそうな時…           

 

どんな仕事場にも先輩、後輩という関係はありますよね。
年齢の近い先輩もいれば、お局様のような先輩もいるかも?

みんな先輩として、あなたに何かしてあげたい!
何か教えてあげなきゃ!って気持ちでいっぱいです。(たぶん)

そして
先輩として「私は出来るのよ!」ということも伝えたいと
思っていたりするのです。

その気持ちが強いと、あなたに対してちょっとキツイ態度になる
こともあるかもしれません。

それが「ダメ出し」ってかたちになっていることがあります。

ってことはね。

先輩より上手く出来ていない事柄はあるかもしれないけど
それは経験がないからだったり、やり方がわからなかったり

今のあなたの成長過程なんです!

確かにやり方が間違っていたかも?って時は
その事柄についてやり直せばいいことであって

あなたがダメな保育士ってことじゃないんですよ!

 

「わぁ~、先輩さすがですね!」
「私も出来るようになりたいので教えてください!」

「先輩の言う通りですね」
「もう一度やってみます!」

 

そんなことばで先輩からのダメ出しを
有り難く受け取ることが出来たら

きっとあなたは一歩前に進めます!

 

中にはちょっと言いすぎじゃない?って
先輩もいるかもしれません。

そんな人に出会ってしまったら

反面教師にしちゃいましょう。

「私はこんな先輩にはならない!」
「言い方には気をつけよう」

ってね。

一番大事なのは
ダメ出しされたからって

あなたがダメなわけじゃない!

ってことを忘れないでね!

 


 

もう一度思い出してみて下さい。

あなたは、子どもが好きですか~?
保育士になって一番楽しかったことは?

 

子どもたちの笑顔
「先生、一緒にやろう」っていう弾んだ声
抱っこした時の温かい心の交流

 

きっと

 

保育という仕事…
嫌いではないはず!

 

どうかしら?

 

子ども達にとって
あなたはきっと素敵な先生だと思います!

 

私はあなたを応援しています‼

 

保育・子育てアドバイザー
上野里江