こんにちは。
保育・子育てアドバイザー上野里江です。

先日、以前の職場
児童発達支援センターの卒園式に行ってきました。

 

1年振りに会った子どもたち

私の顔を見て、嬉しそうにピョンピョン跳ねる子
「うえのせんせい…」と名前を呼んでくれた子

覚えていてくれたんだ…

そう思うと嬉しくて嬉しくて

 

卒園する子どもたちは
それぞれ支援学校や支援級へ

子どもたちの成長した姿に新たな可能性を感じつつ

この子たちのこれからの人生が
より良く楽しい毎日であることを願っています。

 


 

保育士になって30年以上

卒園式で子ども達の成長を感じるたびに
「保育士になって良かった!」と思う私。

でも

新しくクラスを担任したばかりの頃は
子どもたちとの関係をつくることが難しくて

怖い顔して怒ってみたり
こちらの思いばかりをぶつけてしまったり

なかなか子どもたちとの距離を縮められない
こともありました。

しかーし、

どの年齢の子どもたちも
大人のことをよく見ているのですよねぇ…

毎日一緒にいて

「この人は自分のことを受け止めてくれる」と
子ども自身が感じるようになると

自分の思いを出すようになるのです。

 

そうなった瞬間

「おー!子どもと繋がってる!」

実感します。

 

分かり合える喜び

一緒につくっていく毎日

 

保育って
子どもたちからたくさんの事を学んでいる…
そう感じています。

 

0歳の子が私の膝をめがけてハイハイしてくる姿

1歳の子が自分の見つけたものを見せたくて
私の手をキュッと握って引っ張る時

2歳の子が「先生、一緒にやろうよ」と遊びに誘って
くれる時

 

幼児クラスになると
クラスを一緒につくっていく仲間として
頼ったり頼られたりする繋がりを感じた時

 

本当に

「保育士になって良かった!」

心が温かくなります。

 

保育の仕事は

子どもと関わること以外にもたくさんの業務が
あるけれど…

すべては子どもたちのために!

そう思います。

 

子ども達の成長のために
子どもたちが安心して過ごせる環境のために

子ども達との繋がりが持てる保育をしよう!

 

あなたが保育士なって良かった!と思う瞬間は

どんな時ですか~?