こんにちは。
スマイリーアイ 上野里江です。

先日、新宿区の学童クラブ・児童館で働く皆さんに向けて
「保護者との信頼関係を築く 面談・コミュニケーション研修」を担当しました。

事前アンケートからは

なかなか会えない保護者とどのようにコミュニケーションをとったらいいのか?

連絡帳の記入がない保護者には、どのように働きかけたら良いのか?

気になる子どもの様子をどのように伝えたら良いのか?などなど

今、課題に感じている様々な声がありました。

保護者面談をする時、どうしても一方的に話をしてしまって
保護者の話を引き出せていない…そんなお悩みや

無理な要求をされて、対応に困ってしまった…という体験談もあり

研修では、そんな皆さんの声にお応えできるようにプログラムを組んでみました。

 

はじめに
学童期の子どもたちがどのような発達段階にあるのか?
学童期の子どもを持つ保護者はどのような不安や心配を持っているのか?

ということを理解し、学童クラブの役割や保護者が求めていることを知ったうえで
理想とする保護者との関係をイメージしてもらいました。

保護者とのより良い関係をつくりたい!という思いは皆さん同じ!

コミュニケーションの土台となる信頼関係の作り方や
子どもの様子を伝える時のポイント、聞き方のポイントなども

大きくうなづきながら真剣に聞いている様子が印象的でした。

学童クラブならではの悩みとして、連絡帳を書く時間がない!何をどのぐらい書いたらいいのか?
という声もあり

それぞれの学童クラブの様子をシェアしながら、考えたり振り返ったり

「方向性が見えた」

「自分のところだけじゃないんだ」

そんな声も聞かれました。

 

参加者の声を一部ご紹介します~~~~~~~~~

・伝え方のポイントで、問題行動を起こしてしまう子どもを「もしかしたら『困った子』ではなく
『困っている子』なのかもしれない」ということばにハッとしました。
子どもにも保護者にも寄り添える指導員になれるよう頑張ります!

・無理な要望要求をしてくる保護者に対する考え方、保護者へのアプローチの仕方に目からウロコでした。

・テーマごとにどう対応するのか?という問いかけがあり、ただ受け身で話を聞くだけでなく、ずっと共に
考えながら参加することができたのは良かった。

・保護者と話しをする時にどんな話をしたらいいのか迷ったり、マイナスの要素がある話をする時に
どう伝えたらいいのか悩んだりしていたが、今日の話を聞いて雑談の仕方や「子どもの困りごと」
として話すポイントを知ることが出来て良かった。とても分かりやすく、聞きやすい講義でした。

・上司などからもなかなか聞くことが出来ないコミュニケーションの考え方を聞くことが出来ました!
今まで保護者との距離感が分からないでいましたが、研修を通してどのような声がけ、関りをしたら良いか
理解することができました。ありがとうございました。

・とても有意義な時間でした。具体的な例が多くて、分かりやすくてよかったです。

・とても聞きやすく分かりやすいお話で、落ち着いて参加することができました。
私が理想とするリラックスできる空間をありがとうございました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

参加された皆さん、おひとりおひとりが自分事として考え、保護者とのコミュニケーションに活かしていこう
という姿に、私自身とても嬉しく思いました!

 

この研修は本来でしたら4月に開催予定でしたが、緊急事態宣言の為延期になっていました。
今回の開催にあたり、様々な感染予防対策を十分に行い、主催側の配慮で一回の参加人数を半分に
減らして午前と午後の二回開催を行いました。

 

きっとこの先も研修を行うことが難しい…そんな状況が続くかもしれません。

しかし、人間関係の構築、信頼関係を築くためのコミュニケーションを学ぶ機会はとても大切だと実感しています。

オンラインで出来ることが増えてきている今、研修の在り方も変化している今ですが…

毎日子どもたちや保護者と関わる仕事をしている皆さんに『研修』という場だからこそ伝わるものを
伝えていけたら…とも思っています。

 

一日でも早く世の中の状況が落ち着いて
コミュニケーションを学ぶ場…これからも皆さんのお役に立てるといいなぁ、と思っています!

参加された皆さんのこれからを応援しています。